• 本

体力の正体は筋肉

集英社新書 0930

出版社名 集英社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-08-721030-9
4-08-721030-8
税込価格 756円
頁数・縦 186P 18cm

商品内容

要旨

いまやスポーツジムのメインの利用者はシニアと呼ばれる世代だ。彼らは有酸素運動だけでなく負荷をかけたマシン運動も精力的に行うが、自己流の誤ったトレーニングで故障や不調を生ずる人も多い。しかし、シニアにとって、体幹と下半身の筋肉トレーニングは、自立した健康な生活を送るために必須なものである。そのために、誰でも簡単に自宅でもできる“ローイング”という最強のトレーニング法を紹介する。さらに、体力とはなにか、体力をつけるのに筋肉はなぜ重要なのか、筋肉にとって最適な食生活についても啓蒙する。

目次

第1章 だれにも避けられない体力の衰え
第2章 体の動くところに筋肉あり
第3章 筋肉は使わないとすぐに衰える“怠け者”
第4章 トレーニングは裏切らない
第5章 下半身と体幹の筋肉をきたえなさい
第6章 筋肉にとっていい食事はなにか

出版社・メーカーコメント

いまやスポーツジムのメインの利用者はシニアと呼ばれる世代だ。彼らは有酸素運動だけでなく負荷をかけたマシン運動も精力的に行うが、自己流の誤ったトレーニングで故障や不調を生ずる人も多い。しかし、シニアにとって、体幹と下半身の筋肉トレーニングは、自立した健康な老後を迎えるために必須だ。本書では、誰でも簡単に自宅でもできる“ローイング”という最強のトレーニング法を紹介する。さらに、体力とはなにか、体力をつけるのに筋肉はなぜ重要なのか、筋肉にとっていい食生活についても啓蒙する。 ■主な内容  そもそも「体力」ってなに?  体力を支えるのは筋力と全身持久力  なぜ体は固くなってしまうのか  あなたの筋肉は短距離型、それとも長距離型  骨格筋の役割は体を動かすだけではない  筋量は全体重の40%にもなる  筋量も筋力もピークを過ぎたら衰えるばかり  筋肉は“怠け者”、使わないとすぐに衰える  上半身より下半身の筋量のほうが減りやすい  衰えるのは体幹の筋肉も例外ではない  トレーニングはアスリートのためだけのものではない  日本人は世界一の座りすぎ  座りすぎをどれほど減らすか  何歳になっても筋力は高められる  トレーニングの効果は2〜3カ月後にあらわれる  絶対にやってはいけないトレーニング  なぜ下半身や体幹の筋肉なのか  全身持久力を高めるのが有酸素運動、筋力を高めるのがレジスタンス運動  ローイング(ボート漕ぎ)運動は最強のトレーニング  ローイングは生活習慣病の予防にもなる  注目されているわずか4分のトレーニング  筋肉に必要な栄養素のおもな働き  筋肉をつくるのはたんぱく質  たんぱく質をとる量が減っている  第六の栄養素として欠かせないのが水  1日に「なにを」「どのくらい」食べたらいいか 

著者紹介

樋口 満 (ヒグチ ミツル)  
1949年愛知県生まれ。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。教育学博士(東京大学)。早稲田大学アクティヴ・エイジング研究所所長。1971年名古屋大学理学部化学科卒業。1975年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。専攻は、健康増進に関する運動生理・生化学、スポーツ栄養学。ハンガリー体育大学名誉博士。第20回秩父宮記念スポーツ医・科学賞功労賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)