• 本

数学する身体

新潮文庫 も−42−1

出版社名 新潮社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-10-121366-8
4-10-121366-6
税込価格 539円
頁数・縦 227P 16cm

商品内容

要旨

数学はもっと人間のためにあることはできないのか。最先端の数学に、身体の、心の居場所はあるのか―。身体能力を拡張するものとして出発し、記号と計算の発達とともに抽象化の極北へ向かってきたその歴史を清新な目で見直す著者は、アラン・チューリングと岡潔という二人の巨人へと辿り着く。数学の営みの新たな風景を切りひらく俊英、その煌めくような思考の軌跡。小林秀雄賞受賞作。

目次

第1章 数学する身体(人工物としての“数”
道具の生態系 ほか)
第2章 計算する機械(証明の原風景
記号の発見 ほか)
第3章 風景の始原(紀見峠へ
数学者、岡潔 ほか)
第4章 零の場所(パリでの日々
精神の系図 ほか)
終章 生成する風景

著者紹介

森田 真生 (モリタ マサオ)  
1985(昭和60)年東京都生れ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。京都に拠点を構えて研究を続けるかたわら、国内外で「数学の演奏会」「大人のための数学講座」「数学ブックトーク」などのライブ活動を行っている。2015(平成27)年、初の著書『数学する身体』で、小林秀雄賞を最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)