• 本

黙秘の壁 名古屋・漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか

出版社名 潮出版社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-267-02132-9
4-267-02132-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 278P 19cm

商品内容

要旨

平成二十五年、愛知県南知多町の山中で、名古屋市の漫画喫茶女性従業員の遺体が発見された。傷害致死容疑で逮捕された元経営者夫婦が「黙秘」に転じ、「死因不明」で不起訴となる。墨塗りの供述書に隠された真実を求めて、遺族たちの長い闘いが始まった―。

目次

序章 塗りつぶされた「犯行」
第1章 漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか
第2章 「黙秘」と「死因不明」
第3章 「なかったこと」にされた「傷害致死」
第4章 「墨塗り」の供述書に隠された「真相」
第5章 加害者を「防衛」する法と制度
第6章 被害者遺族の「事実を知る権利」VS加害者の「人権」
第7章 被害者遺族に「説明」された「事実」
第8章 法律は誰を「守る」ためにあるのか
終章 裁判の「公開」と「知る権利」の狭間で

著者紹介

藤井 誠二 (フジイ セイジ)  
ノンフィクションライター。1965年愛知県生まれ。ノンフィクション作品執筆以外も、ラジオのパーソナリティやテレビのコメンテーターもつとめたり、愛知淑徳大学非常勤講師として「ノンフィクション論」等を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)