• 本

フェアトレードビジネスモデルの新たな展開 SDGs時代に向けて

出版社名 明石書店
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-7503-4662-5
4-7503-4662-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 331P 21cm

商品内容

目次

第1部 日本のフェアトレードの今(フェアトレードとフェアトレードタウンの今―基礎知識)
第2部 フェアトレードの新しい視野と展開(現代のアンフェアトレードの非継続性について
持続可能な発展・開発動向とフェアトレード―社会・経済システム変革の可能性 ほか)
第3部 フェアトレードのフィールドにおける新しい展開(メキシコのフェアトレードコーヒー生産者のバリューチエーン展開―JICA‐FTPプロジェクトの総括と提言
フェアトレードにおける前払いの意義―連帯型フェアトレード団体のラオスコーヒー事業の経過を踏まえて ほか)
第4部 日本のフェアトレード市場調査2015(日本のフェアトレード市場調査2015報告(1)
日本のフェアトレード市場調査2015報告(2)―店舗(ショップ)と輸入・卸団体からの声(記述回答の分析))
第5部 日本のフェアトレードへの取組みのための政策提言

著者紹介

長坂 寿久 (ナガサカ トシヒサ)  
(一財)国際貿易投資研究所客員研究員、逗子フェアトレードタウンの会(代表理事)。大学卒業後、現日本貿易振興機構(ジェトロ)入構。シドニー、ニューヨーク、アムステルダム駐在。1999年拓殖大学国際学部教授(国際関係論/NGO・NPO論)、2014年退任。日本フェアトレード・フォーラム認定委員会(委員長)、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン(理事)、神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会(会長)、等。映画評論家、蘭日賞受賞(2009年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)