• 本

龍は桃下に比翼を請う 華陽国後宮史

角川ビーンズ文庫 BB68−22

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-04-107338-4
4-04-107338-3
税込価格 626円
頁数・縦 220P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

ただ、もう一度会いたかった―華陽国大将軍の娘・凛瑛は、父の命で後宮の妃選抜試験に潜入する。襲撃による譲位後、不穏な後宮で皇帝・宗煕の護衛をするために。凛瑛にとって宗煕は、密かに慕うかつての師兄。だが、ようやく会えた彼に昔の面影はなく「いますぐ帰れ」と突き放されてしまう。それでも彼を守りたいと後宮に残るが、試験中次々事件が起こり、やがて凛瑛自身も狙われて…!?烈々たる中華後宮物語・開幕!

おすすめコメント

誰しも焦がれるのは運命の片翼――烈々たる中華後宮物語・開幕! 武の道を志す凛瑛に、後宮入り試験の話が。それは、護衛として潜入せよという任務だった。皇帝宗熙とは、密かに慕うかつての師兄。再会に胸躍らせる凛瑛だが、宗熙は尊大な態度で「いますぐ帰れ」と言い放ち……!?

著者紹介

九月 文 (クツキ アヤ)  
滋賀県出身。第6回角川ビーンズ小説大賞優秀賞&読者賞受賞作「佐和山物語」にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)