• 本

学力テストで測れない非認知能力が子どもを伸ばす

出版社名 東京書籍
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-487-81154-0
4-487-81154-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 255P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

うちの子、頭はいいんだけどテストや成績はイマイチ。その疑問がポジティブな形で解き明かされる!仕事の成果や人生の充実度が決まる力=非認知能力。

目次

第1章 知っていますか?非認知能力(非認知能力という力
これからの時代に求められる非認知能力 ほか)
第2章 子どもの育ちと非認知能力(「発達」のとらえ方
「発達」のタテ糸とヨコ糸 ほか)
第3章 非認知能力の育ち方・育て方(体験から経験、そして学びへ
日常生活の中にこそ体験、経験、そして学びがある ほか)
第4章 非認知能力を育てるための実践例―大人たちの挑戦(放課後の居場所と学びの場で非認知能力を育てる―学童保育(放課後児童クラブ)の挑戦!
書を通じ姿勢を意識することで非認知能力を育てる―ある書道家の挑戦!「よひせんプログラム」 ほか)
第5章 大人たちも非認知能力を!(まずは社会人手前の学生から
大人だからこそ体験と役割の幅を拡げる ほか)

著者紹介

中山 芳一 (ナカヤマ ヨシカズ)  
岡山大学全学教育・学生支援機構准教授。専門は教育方法学。1976年1月、岡山県生まれ。大学生のためのキャリア教育に取り組むとともに、幼児から小中学生、高校生たちまで、各世代の子どもたちが非認知能力やメタ認知能力を向上できるように尽力している。さらに、社会人を対象としたリカレント教育、全国各地の産学官民の諸機関と協働した教育プログラム開発にも多数関与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)