• 本

官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態

朝日新書 694

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-02-273797-7
4-02-273797-2
税込価格 869円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

自殺の大蔵、汚職の通産、不倫の外務。かつてそう呼ばれ、今も特殊な「独自文化」に生息する官僚たち。難関試験を突破したひとにぎりの超エリートが、政策を作り、政治を動かし、実質、国家を「統治」している。どんなに不祥事を起こそうと変わることのない「全体の奉仕者」の実態とは何か?官僚の裏も表も知り尽くした著者の実体験にもとづく究極の官僚論!

目次

第1章 こんなに統治しやすい国はない
第2章 「死んだふり」を続ける外務省―清武英利『石つぶて』の原理
第3章 官僚たちのローカル・ルール―城山三郎『官僚たちの夏』という神話
第4章 「第二官僚」の誕生―民主主義の危険な「迂回路」
第5章 無意識の中の「ケガレ祓い」
第6章 官僚とは何か?―階級・新自由主義・税の収奪

おすすめコメント

高級官僚の異様なまでの忖度力。超エリートとして高い実務能力を持ちながら、なぜ倫理意識の欠如は起こるのか。淵源には「城山三郎のW官僚史観Wがある」と指摘。小泉・新自由主義後に現れた「第2官僚群」とは何か。「民主主義の迂回路」を形成する政官の実態と思想的背景に迫る。

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学神学部卒業。同大大学院神学研究科修了。85年、外務省入省。在ソ連日本大使館勤務。北方領土問題など対ロシア外交で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。09年、最高裁上告棄却。13年、執行猶予期間を満了し刑の言い渡しが効力を失う。同志社大学神学部客員教授、同大特別顧問、名桜大学客員教授。著書に『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)