• 本

瑕死物件 209号室のアオイ

角川ホラー文庫 く5−31

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-04-107526-5
4-04-107526-2
税込価格 748円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

誰もが羨む、川沿いの瀟洒なマンション。専業主婦の菜緒は、育児に無関心な夫と、手のかかる息子に疲弊する日々。しかし209号室に住む葵という少年が一家に「寄生」し、日常は歪み始める。キャリアウーマンの亜沙子、結婚により高校生の義母となった千晶、チョコレート依存の和葉。女性たちの心の隙をつき、不幸に引きずり込む少年、「葵」。彼が真に望むものとは?恐怖と女の業、一縷の切なさが入り交じる、衝撃のサスペンス!

おすすめコメント

209号室の葵は、あなたのすぐ側に。人気作家が描くホラーミステリ! 高級マンションで次々と起こる怪異。専業主婦の菜穂、千晶、キャリアウーマンの亜沙子、和葉。彼女らを「壊した」のは、209号室に住む少年・葵。209号室のオーナー・羽美は調査に乗り出すが……。

著者紹介

櫛木 理宇 (クシキ リウ)  
1972年新潟県生まれ。2012年『ホーンテッド・キャンパス』で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞。同年、「赤と白」で第25回小説すばる新人賞を受賞し、二冠を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)