• 本

国家はいつも嘘をつく 日本国民を欺く9のペテン

祥伝社新書 555

出版社名 祥伝社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-396-11555-5
4-396-11555-5
税込価格 924円
頁数・縦 260P 18cm

商品内容

要旨

従順な日本国民は、“お上”に逆らうことがない。「寄らば大樹の陰」、「事なかれ主義」、「長いものには巻かれろ」という精神構造が歴史的に埋め込まれてきた。だが、政府は“お上”ではない。戦後の民主主義国家では、国民が自らの手で、自らの幸福のために創設するものである。だから国民も“下々”ではない。著者は、エコノミストとしてマーケット・リサーチから出発し、のちにポリシー・リサーチ、すなわち政策分析へと研究の領域を広げ、旺盛な言論活動を展開している。そのなかで摘出した政・官・財による「国家の嘘」を本書で詳らかにする。“お上”に騙されないためには、騙しの手口を知ることが重要なのだ。

目次

序 国家権力は美辞麗句に言い換える
1章 日本経済は「大本営発表」
2章 弱肉強食が進む日本
3章 国民奴隷化計画
4章 捏造と隠蔽と
5章 追いつめられる国民
終章 国家の嘘に騙されないために

出版社・メーカーコメント

私たちはもうお上(かみ)≠ノ騙されない!消費税増税働き方改革森友・加計問題トリクルダウンTPPプラス……安倍政権はウソをつくな国家権力、9のウソとペテン(1)「アベノミクス」のウソ──実質賃金は激減している(2)「民営化」のウソ──官業を払い下げただけ(3)「働き方改革」のウソ──それは国民奴隷化計画だ(4)「2020東京五輪」のウソ──血税投入とブラックボランティア(5)「日航ジャンボ機123便」のウソ──なぜ自衛隊機が追尾していたのか(6)「平和安全法制」のウソ──「戦争法制」をあざとく言い換え(7)「刑事司法」のウソ──森友疑惑の深い闇(8)「TPPプラス」のウソ──日本の医療が崩壊(9)「消費税で社会保障」のウソ──お金持ち優遇の実態■怒れ!日本人従順な日本国民は、お上≠ノ逆らうことがない。「寄らば大樹(たいじゅ)の陰(かげ)」、「事(こと)なかれ主義」、「長いものには巻かれろ」という精神構造が歴史的に埋め込まれてきた。だが、政府は、お上≠ナはない。戦後の民主主義国家では、国民が自(みずか)らの手で、自らの幸福のために創設するものである。だから国民も下々(しもじも)≠ナはない。著者は、エコノミストとしてマーケット・リサーチから出発し、のちにポリシー・リサーチ、すなわち政策分析へと研究の領域を広げ、旺盛な言論活動を展開している。そのなかで摘出(てきしゅつ)した政・官・財による「国家の嘘」を本書で詳(つまび)らかにする。お上≠ノ騙(だま)されないためには、騙しの手口を知ることが重要なのだ。

著者紹介

植草 一秀 (ウエクサ カズヒデ)  
1960(昭和35)年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵省財政金融研究所研究官、京都大学助教授、スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、野村総合研究所主席エコノミスト、早稲田大学大学院教授、名古屋商科大学教授を経て現在、スリーネーションズリサーチ株式会社=TRI代表取締役。オールジャパン平和と共生運営委員。多数の著作を発表する一方、ブログやメールマガジンで政治・経済・社会問題について発信し、旺盛な言論活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)