• 本

奈良 鹿ものがたり

はじめてのノンフィクションシリーズ

出版社名 佼成出版社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-333-02790-3
4-333-02790-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 95P 22cm

商品内容

要旨

奈良公園には、なぜ鹿がいるの?調べ学習にぴったり!「奈良の鹿」の歴史や生態、「奈良の鹿愛護会」の活動などを紹介。小学3年生から。

目次

第1章 鹿は神さまの使い
第2章 鹿と人との共生をねがって
第3章 秋、鹿の角きり
第4章 冬、鹿寄せ
第5章 鹿のフンから教わる自然界のふしぎ
第6章 初夏、子鹿が生まれる!

おすすめコメント

観光客でにぎわう奈良公園には、約1,300頭の鹿が暮らしています。それはなぜなのでしょうか? 平安時代までにさかのぼる奈良の鹿の歴史、その知られざる野生の生態など、写真を多数交えて紹介します。「調べ学習」「修学旅行の事前学習」にも役立つ一冊。

著者紹介

中村 文人 (ナカムラ モンド)  
三重県で生まれ、奈良県で育つ。関西学院大学文学部卒業。経済系出版社勤務を経て、編集企画シーエーティーを設立。ジャンルにとらわれない書籍企画編集に携わりながら、絵本や児童書の創作を続けている。日本児童文芸家協会会員。「絵本・童話の創作online 新作の嵐」主宰。奈良の鹿愛護会会員
川上 悠介 (カワカミ ユウスケ)  
奈良県出身。奈良の鹿や風景をはじめ、身近に見られる昆虫や野草、キノコなどを撮り続けている。第35回「日本の自然」写真コンテスト(2018年)にて「奈良県一賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)