• 本

二度寝とは、遠くにありて想うもの

講談社文庫 つ31−4

出版社名 講談社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-06-514988-1
4-06-514988-6
税込価格 726円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

「女子」を自称することに違和感があったりしっくりきたり、「いい年」という言葉に萎縮したり。疑問を抱く行列に並んでみたりする一方、「無縁死」にもやもやして考え込むなど、現代の言葉や身の回りの出来事について、「話しかけられ顔」を自認する庶民派・芥川賞作家が綴る、味わい深くてグッとくる日常エッセイ第2弾!

目次

1 となりの乗客の生活(布団への限りない敬愛
でこ毛 ほか)
2 現代のことばについて考える(ああでもないこうでもないは良くない?
女の人による「女子」の使い道 ほか)
3 溺れる乗客は藁をもつかむ(お菓子の行列の足元
正しい死に方なんて誰も知らない ほか)
4 素人展覧会(第1期)(岡倉天心のフィギュアが欲しい
うつわスパルタ教室 ほか)
5 ソチとブラジル、その鑑賞と苦悩(ソチ五輪感想
澱まない世界 ほか)

おすすめコメント

「女子会」等の言葉や「一人ごはん」「無縁死」を考察したり……庶民派芥川賞作家が綴る、味わい深くてグッとくるエッセイ集第二弾。

著者紹介

津村 記久子 (ツムラ キクコ)  
1978年大阪府生まれ。大谷大学文学部国際文化学科卒業。2005年『マンイーター』(『君は永遠にそいつらより若い』に改題、ちくま文庫)で第21回太宰治賞を受賞し作家デビュー。’08年『ミュージック・ブレス・ユー!!』(角川文庫)で第30回野間文芸新人賞、’09年『ポトスライムの舟』(講談社文庫)で第140回芥川賞、’11年『ワーカーズ・ダイジェスト』(集英社文庫)で第28回織田作之助賞、’13年「給水塔と亀」で第39回川端康成文学賞、’16年『この世にたやすい仕事はない』(新潮文庫)で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)