• 本

がん免疫療法とは何か

岩波新書 新赤版 1768

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-00-431768-5
4-00-431768-1
税込価格 821円
頁数・縦 210,2P 18cm

商品内容

要旨

PD‐1抗体による免疫療法は、がん治療の考え方を根本から変えた。偶然の発見を画期的治療法の開発へと導いた著者の研究の歩みをたどりながら、生命現象の不思議、未知の世界に挑むサイエンスの醍醐味、そして「いのち」の思想から日本の医療の未来まで幅広く論じる。ノーベル生理学医学賞受賞晩餐会スピーチも収録する。

目次

第1章 免疫の不思議(生命システムの一般則
多細胞生物体の特徴 ほか)
第2章 PD‐1抗体でがんは治る(革新的がん免疫療法の誕生
免疫学の発展とがん免疫療法のたどった道 ほか)
第3章 いのちとは何か(幸福感の生物学
ゲノム帝国主義 ほか)
第4章 社会のなかの生命医科学研究(現代の生命科学の置かれた位置
生命科学と医療のあいだ ほか)
第5章 日本の医療の未来を考える(21世紀医療フォーラム
国民皆保険制度の維持に向けて ほか)

おすすめコメント

PD−1抗体の発見は、がん治療の考え方を一変させた。画期的治療法を主導する著者が研究の歩みを語る。

著者紹介

本庶 佑 (ホンジョ タスク)  
1942年生まれ。京都大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了、カーネギー研究所招聘研究員、アメリカ国立衛生研究所客員研究員、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授などをへて現在、京都大学高等研究院副院長・特別教授。専攻は分子免疫学。2018年ノーベル生理学医学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)