• 本

図解でわかる14歳から知る人類の脳科学、その現在と未来

出版社名 太田出版
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7783-1667-9
4-7783-1667-3
税込価格 1,404円
頁数・縦 96P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

脳が認知革命でつくりあげたバーチャルな世界を、そのまま突き進むのか、いま一度自然と身体というリアルな世界と出合うのか。人類は、どちらの未来を望むのでしょう。14歳から読める!わかる!カラー図版満載!!

目次

1 脳についての基礎知識(「私」とは、頭蓋骨の中の海に浮かぶ重さ1・5kgの灰白色の物体なのか!?
脳内では、電気信号を伝達する千億個の神経細胞が働いている ほか)
2 発見された脳の歴史(悪人は頭蓋骨でわかる!?骨相学から始まった近代の脳科学
事故や病気から発見された脳の様々な領域の仕組みと働き ほか)
3 知覚と行動と脳の仕組み(目が物を写し取り、脳が“見る”複雑な視覚のメカニズム
脳はあるがままの世界を見せていない?視覚の背後にある不思議 ほか)
4 私たちの心と脳の世界(脳は「心」をどうつくるのか?心と体を結びつける「情動」
感情を生み出す脳内ネットワークとそれを促すホルモンや神経伝達物質 ほか)
5 脳研究の未来(様々なアプローチにより進展する脳研究その主要な4つのフィールドとは
人間の脳と機械をつなげるブレイン・マシン・インターフェイス ほか)

著者紹介

松元 健二 (マツモト ケンジ)  
玉川大学脳科学研究所教授。1996年、京都大学大学院理学研究科霊長類学専攻博士後期課程修了。博士(理学)。理化学研究所基礎科学特別研究員、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、カリフォルニア工科大学神経科学訪問研究員等を経て現職。専門は認知神経科学。「人間の主体性」を支える脳機能を研究し、Science誌やNature Neuroscience誌などに論文を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)