• 本

同心部屋御用帳 傑作長編時代小説 4

コスミック・時代文庫 し6−12

出版社名 コスミック出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-7747-6059-9
4-7747-6059-5
税込価格 825円
頁数・縦 407P 15cm
シリーズ名 同心部屋御用帳

商品内容

要旨

南町奉行所内、定町回りの同心部屋―。ここには、筆頭の早水茂太夫以下、閃きにかけては天下一品の千秋城之介や、艶な事件を得意とする由良三九郎など、江戸の名物だんなと頼られる六人衆がいた。この部屋から、次々に起こる怪事件の現場にすっ飛んでいったのだ。年も押し迫ったある日、城之介と三九郎は、情婦の女スリお銀を抱き寄せる、おたずね者の仙太郎を望遠鏡で目撃する。仙太郎を捕えんと駆けつける二人。だがそこで、よもやの光景を目の当たりにするのだった!推理の達人・島田一男の傑作で、「BSフジ時代劇名作選」「時代劇専門チャンネル」にて映像化された人気シリーズ『江戸の旋風』の原作。好評作十話を収録した、連続刊行第四弾!

著者紹介

島田 一男 (シマダ カズオ)  
1907年、京都府生まれ。満州日報社にて新聞記者を務めた後、1947年、雑誌「宝石」の短編懸賞入選作『殺人演出』で作家デビュー。1951年、『社会部記者』で探偵作家クラブ賞を受賞。以後、「刑事弁護士」「鉄道公安官」シリーズなどの本格推理、探偵作品が好評を博す。『菊太郎事件控』『風姫八天狗』など、痛快な捕物を描く時代小説の著作も多い。1971年、日本推理作家協会理事長に就任。1996年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)