• 本

部活でレベルアップ!吹奏楽上達のコツ50

コツがわかる本

出版社名 メイツ出版
出版年月 2019年5月
ISBNコード 978-4-7804-2196-5
4-7804-2196-9
税込価格 1,793円
頁数・縦 128P 21cm

商品内容

要旨

全国大会の常連校の指導者が、実力アップのポイントを徹底解説!

目次

序章 ウォーミングアップで楽器を吹く体を作ろう
第1章 個人練習とパート練習でステップアップ
第2章 代表的な楽曲の特徴をつかもう
第3章 合奏でアンサンブルを楽しもう
第4章 コンクールや大会を目指そう
第5章 憧れのステージで演奏しよう!
終章 楽器のメンテナンスにも気を配ろう

著者紹介

畠田 貴生 (ハタケダ タカオ)  
東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部音楽監督。東京隆生吹奏楽団音楽監督。全日本高等学校吹奏楽連盟常任理事。1971年北海道出身。10歳の頃から吹奏楽を始める。1986年千葉県立千葉南高校入学と共に吹奏楽部に所属。顧問穴山和義先生の薫陶の下、打楽器パートの中心メンバーとして活躍。1993年早稲田大学理工学部卒業。1994年東海大学付属高輪台高等学校に勤務、吹奏楽部の指揮者に就任。就任当時本校は男子校で、30名余りであった部員を共学に移行後、わずか2年で100名を越す大所帯の吹奏楽部に発展させた。生徒を信じ、生徒の力を最大限に引き出すその指導には定評がある。また、本校以外の各学校の吹奏楽部の指導や、吹奏楽コンクールの審査員、各種雑誌への執筆、メディアへの出演等を依頼されるなど、最近ますます活動の場が広がってきている。これまでに全日本吹奏楽コンクール高校の部/一般の部に21回出場し、金賞15回、銀賞3回を受賞した。2008年、2013年、2016年、なにわ“オーケストラ”ウィンズに、客演指揮者として出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)