• 本

都市鉄道の技術社会史

出版社名 山川出版社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-634-59109-7
4-634-59109-X
税込価格 2,750円
頁数・縦 224P 19cm

商品内容

要旨

なぜ日本の通勤は“痛勤”なのか?東京の鉄道史から考える。最小限の設備投資で最大限の輸送力を追求した戦前東京の鉄軌道。それを支えた技術は車両や動力などにとどまらない、都市計画や交通調整といったソフトウェアに関わる「社会技術」であった。技術から社会を見通す「技術社会史」の試み。

目次

序章
第1章 明治の東京と馬車鉄道
第2章 市街電車の登場
第3章 大量輸送の幕開け
第4章 省線電車の登場
第5章 都市計画と高速鉄道
第6章 技術としての交通調整
終章

おすすめコメント

動力や車両などのハードウェアの技術だけでなく、都市計画や交通調整といったソフトウェアの技術にも着目しつつ、明治から昭和初期の東京都市圏における鉄道や軌道など交通機関の変遷と、それが社会にもたらした変化について考える。

著者紹介

高嶋 修一 (タカシマ シュウイチ)  
1975年生まれ。東京大学文学部卒、同大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。立正大学経済学部専任講師、青山学院大学経済学部准教授を経て、青山学院大学経済学部教授。専門は日本経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)