• 本

五つ数えれば三日月が

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-16-391087-1
4-16-391087-5
税込価格 1,540円
頁数・縦 134P 20cm

商品内容

要旨

日本で働く台湾人の私、台湾に渡った友人の実桜。平成最後の夏の日、二人は東京で再会する。話す言葉、住む国―選び取ってきたその先に、今だから伝えたい思いがある。募る思い、人を愛するということ。そのかけがえのなさを繊細に描き出す21世紀の越境文学。第161回芥川賞候補作。

おすすめコメント

日本で働く台湾人の私。台湾人と結婚し、台湾に移り住んだ友人の実桜。平成最後の夏、二人は5年ぶりに東京で再会する。  話す言葉、住む国――選び取ってきたその先に、 今だから伝えたい思いがある。

著者紹介

李 琴峰 (リ コトミ)  
1989年台湾生まれ。作家・日中翻訳者。2013年来日、早稲田大学大学院修士課程入学。2017年、「独舞」で群像新人文学賞優秀作を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)