• 本

保育的発達論のはじまり 個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

出版社名 ひとなる書房
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-89464-268-3
4-89464-268-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 234,13P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

保育の可能性と魅力は、いつも新しい「つながり」をつくりだす実践にある。個人を尊重しつつ、個人を超えるいとなみへ。保育がその真価を発揮するための、保育的発達論のはじまり―。

目次

「個人」を尊重しつつ、「個人」をこえるいとなみへ
第1部 子どもの「主体性」とは何か(子どもはどう「自己決定」しているか
保育のなかでとらえる主体性)
第2部 子どもの「主体性」はどう育つか(人間の赤ちゃんが“未熟”であることの意味
してもらう、する、してあげる、させてあげる)
第3部 「子ども観」「発達観」の変遷と私たち(子ども観をさかのぼる
「発達」と社会の歩み
「発達」と社会のいま)
第4部 発達をみる目をひろげる―イヤイヤ期とブラブラ期(「年齢」と発達
「参加」の視点からみる発達観
つながりアウトカムとしての「ブラブラ」)
第5部 「保育」と「発達」を結びなおす(つながりを育むいとなみ
保育の「あそび」とは何か
保育の公共性
「信頼」の中間共同体)

著者紹介

川田 学 (カワタ マナブ)  
1973年東京都生まれ。北海道大学大学院教育学研究院准教授。博士(心理学)。専門は発達心理学、保育研究。近年は、沖縄地方や瀬戸内地方など各地の保育現場をまわり、保育と地域との関係史を学んでいる。通っていた保育園では、毎日のように押し入れならぬ砂利敷きのボイラー室に入れられる「問題児」。園には敷居がなく、外国人労働者の住居と地続きで、保育時間中にドアをノックして5円玉と1ペニー銅貨を交換するあそびを楽しんでいた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)