• 本

テクニカル分析がわかる

日経文庫 1410

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-532-11410-7
4-532-11410-1
税込価格 990円
頁数・縦 232P 18cm

商品内容

要旨

本書は、価格はなぜ動くのか、トレンドとは何かといった基礎知識から、バックテストの方法、Excelを使った具体的な計算まで網羅した、「使える」入門書です。著者は、日本には50名程度しかいない、テクニカルアナリストの最高峰の資格であるMFTA(国際テクニカルアナリスト連盟検定テクニカルアナリスト)保持者。独自考案の「Kチャート」による市場分析で定評があります。今後も利用されると思われる手法を中心に25のテクニカル指標を紹介します。さらに、本書で取り上げたテクニカル指標を、パソコンを使って自分で計算する方法や、著者が考案した「Kチャート」についても具体的にわかりやすく解説しています。初めてテクニカル分析を学ぶ方はもちろん、すでに数種の分析手法を知っているベテランの方にとっても目新しい手法を解説しています。

目次

第1章 テクニカル分析の基礎知識
第2章 相場の基礎知識
第3章 用途で使い分ける25の方法
第4章 バックテストの方法
第5章 Excelで計算する
第6章 Kチャートの計算―ユーザー定義関数を作成して計算する

おすすめコメント

パソコンを活用すればあなたにもテクニカル分析ができる! 27の代表的手法を用途別に解説。勝てる分析方法を伝授する。

著者紹介

古城 鶴也 (コジョウ カクヤ)  
NPO法人日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)理事。1953年生まれ。東京農工大学農学部卒、他業界で10年間勤務後、企業分析アナリストへ転じる。証券会社、投資顧問会社、損害保険会社を経て現職。MFTA(国際テクニカルアナリスト連盟の最上位資格)。早稲田大学オープンカレッジ、南山大学エクステンションカレッジ、明治大学リバティアカデミー、同志社大学連携講座などの講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)