• 本

世界史で読み解く「天皇ブランド」 国際教養が身につく「21世紀の君主論」

出版社名 悟空出版
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-908117-64-0
4-908117-64-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

“なぜ「天皇」は王(キング)ではなく皇帝(エンペラー)なのか”“800年男系にこだわった仏王室、諦めた英・蘭王室”“立憲君主制・共和制・大統領制のメリット・デメリット”“男系・女系「皇位継承問題」の争点一覧表”ほか。

目次

第1部 世界史の中の天皇(2000年受け継ぐ世界唯一のエンペラーブランド
「天皇」の称号を打ち出した古代日本の国際戦略 ほか)
第2部 世界の王室の継承問題1(女系天皇を認めるとどうなるのか
なぜイギリスでは女王や女系王が認められたのか ほか)
第3部 世界の王室の継承問題2(華麗なるヨーロッパ王室の女性たち
「女性天皇容認」が招く結果 ほか)
第4部 政治・国家運営と天皇(日本は今も帝国である―立憲君主制・共和制の起源
アメリカはなぜ君主制を採用しなかったのか ほか)
第5部 宗教的権威者としての天皇(天皇は神なのか―神道と日本人
天皇は本当に教皇に近い存在なのか ほか)

おすすめコメント

◎「天皇」の称号を打ち出した古代日本の国際戦略◎天皇、ローマ教皇、英国女王の世界での格付けは!?◎君主制、共和制、大統領制、独裁制のメリットとデメリット◎英仏・北欧王室に学ぶ「王位継承問題」◎男系にこだわった仏王室、こだわらなかった英王室◎王室を葬った仏露中韓、2600 年間も皇室を守った日本 ほか

著者紹介

宇山 卓栄 (ウヤマ タクエイ)  
1975年、大阪生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。代々木ゼミナール世界史科講師を務め、著作家。テレビ、ラジオ、雑誌、ネットなど各メディアで、時事問題を歴史の視点でわかりやすく解説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)