• 本

多文化理解と異文化コミュニケーション 多国籍学生チームと共に学んだ理論と実践

出版社名 創成社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-7944-8091-0
4-7944-8091-1
税込価格 2,200円
頁数・縦 165P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 多文化理解(なぜ文化を学ぶのか:文化の概念と学ぶことの意義
見える文化と見えない文化
多様性と価値観
コンテクスト文化と5次元モデル
メイヤーのカルチャー・マップ
異文化の順応と適応
ステレオタイプと思い込み
差別とは
異文化のトレーニング)
第2部 異文化コミュニケーション(言語コミュニケーション1:タイプ別アプローチ
言語コミュニケーション2:アサーティブ、リフレーム
非言語コミュニケーション:顔の表情、視線、身振り、姿勢など)
第3部 グローバリゼーションと多文化共生に向けて(グローバリゼーション
多国籍チーム
多文化共生社会の実現にむけて)

著者紹介

平林 信隆 (ヒラバヤシ ノブタカ)  
共栄大学国際経営学部教授。EUビジネススクール経営学博士(DBA)修了。ソニーユニバーシティ&UCLA経営大学院グローバルリーダーシッププログラム修了。南カリフォルニア経営大学院経営学修士(MBA成績優秀者、ディーンズリスト)修了。早稲田大学理工学部卒業。グローバルビジネス学会理事。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。全米NLP認定トレーナー。LAB(Language and Behavior)プロファイル認定コンサルタント&トレーナー。ソニーの元社員であり、ソニー在籍時代には倉庫業務、欧州駐在、米国留学、ITベンチャー立ち上げ、ニューヨーク・ナスダック・マーケットへの上場(IPO)、携帯電話や放送機器事業を通じ、システムエンジニア、ビジネス企画、セールス、マーケティング、商品企画、設計、サービス、物流、広報、IR、財務、宣伝広告、経営管理、執行役員などさまざまな職務を実践し、世界中を駆け巡り、文化や言葉の壁を超えて、その体験をわかりやすく法則化してきた。経営学と心理学を融合させ、ビジネスの世界で起きている事象を理論と実践の面から、科学的かつ人間的に分析・研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)