• 本

コミュニティと都市の未来 新しい共生の作法

ちくま新書 1445

出版社名 筑摩書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-480-07259-7
4-480-07259-4
税込価格 968円
頁数・縦 286P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

地方のコミュニティは衰退し、都市はグローバル化によって格差が拡大し疲弊している。そして都市の論理が地域のコミュニティを崩壊させている―通常このように否定的に語られることが多い。だが本当にそうだろうか。軽やかに移動し、ICTの様々なコミュニケーションの新技術でつながった人々による、都市における新しい共生の作法がありえるのではないか。多様性を認める寛容な精神に満ちた作法が、既存のコミュニティをも変えていく可能性を探る、碩学による最新社会評論。

目次

いま、なぜ都市共生なのか
1 共生(生きられる共同性―イリイチの「共生」概念
都市をどうみるか―漱石・鴎外・須賀敦子の視座
多様性と寛容さ―ジェイコブズからフロリダへ)
2 多様性(「美しいまち」と排除の論理―自閉するまちづくりと「異なるもの」
安全・安心―コミュニティの虚と実
新しいコスモポリタニズム)
3 ボーダーとボーダーレス(サロンとコミュニティ―コ・プレゼンスのゆくえ
弱さと向き合うコミュニティ)
多様性と差異のゆくえ―ポスト都市共生へ

著者紹介

吉原 直樹 (ヨシハラ ナオキ)  
1948年生まれ。横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授。東北大学名誉教授。社会学博士。専攻は都市社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)