• 本

「超」怖い話子

竹書房怪談文庫 HO−416

出版社名 竹書房
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-8019-2147-4
4-8019-2147-7
税込価格 715円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

1991年より脈々と受け継がれてきた恐怖の系譜、「超」怖い話。夏は十干シリーズ、冬は干支シリーズと年2回今年も選りすぐりの恐怖と不思議を皆様にお届けする。さて、今回の冬は「子」。メンバー4人が取材に基づき書き下ろす、驚愕戦慄の実話!

著者紹介

加藤 一 (カトウ ハジメ)  
1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中
久田 樹生 (ヒサダ タツキ)  
1972年九州生まれ。2007年より冬の「超」怖い話に参加
渡部 正和 (ワタナベ マサカズ)  
山形県出身。2010年より冬の「超」怖い話に参加
深澤 夜 (フカサワ ヨル)  
1979年栃木県生まれ。2014年より冬の「超」怖い話に参加。2017年より夏も兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)