• 本

歌舞伎に女優がいた時代

中公新書ラクレ 680

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-12-150680-1
4-12-150680-4
税込価格 968円
頁数・縦 238P 18cm

商品内容

要旨

出雲の阿国が始祖だといわれつつも男が演じるものとされてきたのが歌舞伎である。だが実際には歌舞伎には女の役者がいた時代がある。江戸時代に大名屋敷などで演じていた「お狂言師」、明治時代に大衆的人気をほこった「女團洲」こと市川九女八ら、女歌舞伎役者たちなどがそうである。「女形のかわりではない女優」たちゆえの苦悩や葛藤、そして彼女らの演劇史への功績を、歌舞伎役者の家に生まれた女優たちともからめて描く。

目次

第1章 出雲のおくには歌舞伎の始祖か
第2章 「お狂言師」による女歌舞伎
第3章 女團洲、市川九女八
第4章 明治の女役者たち
第5章 堀越家と市川家
第6章 帝劇の女優歌舞伎

おすすめコメント

女優が登場しない芸能、歌舞伎。しかし、歌舞伎を演じた女優たちは存在した。歌舞伎の始祖といわれる出雲の阿国からときおこし、「女形のかわりではない女優」たちの苦悩と彼女らの演劇史への功績を描く。

著者紹介

小谷野 敦 (コヤノ アツシ)  
1962年(昭和37)茨城県生まれ、埼玉県育ち。東京大学文学部英文科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士(比較文学)。大阪大学言語文化部助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て、文筆業。2002年、『聖母のいない国』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)