• 本

鳥の歌いまは絶え

創元SF文庫 SFウ16−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-488-78301-3
4-488-78301-5
税込価格 1,276円
頁数・縦 388P 15cm

商品内容

要旨

シェナンドアの谷に住む一族に生まれたデイヴィッドは、地球上のあらゆる生命が滅亡に向かっていることを知った。一族は資産と人員を谷の上流に集結させ研究所を造り、クローン技術によって人類を存続させようとする。デイヴィッドはクローンたちが従来の人類と異なる性質を持つことに懸念を抱くが…ヒューゴー賞、ローカス賞、ジュピター賞を受賞した美しくも哀切な未来叙事詩。

おすすめコメント

放射能汚染によって、生殖能力が極端に低くなった地球上の生物群は、緩やかな滅びへと向かっていた。その中で豊かな渓谷の一族が研究所を創り上げ、クローン繁殖の技術によって滅亡を回避しようと試みる。だが誕生したクローンたちは個々の自意識が薄く、今までの人類の文化と異なる無個性の王国を築き上げようとしていた……ティプトリー、ル=グィンに並び称されたSF作家を代表する傑作長編。ヒューゴー賞、ローカス賞受賞作。

著者紹介

ウィルヘルム,ケイト (ウィルヘルム,ケイト)   Wilhelm,Kate
1928年オハイオ州トレド生まれ。アーシュラ・K・ル=グィンらとともに、60年代から70年代にかけてのアメリカSF界のフェミニズム運動の旗手として知られ、ヒューゴー、ネビュラ、ローカス各賞を受賞している。作家・批評家である夫のデーモン・ナイトとはクラリオン・ワークショップを運営し、若手SF作家の育成に尽力した。80年代からはサスペンスやミステリの創作を本格化させ、『炎の記憶』に始まる『チャーリー・ミクルジョン&コンスタンス・リードル』シリーズや、女性弁護士『Barbara Holloway』シリーズを精力的に執筆。2018年没
酒匂 真理子 (サコウ マリコ)  
1949年生まれ。71年、横浜市立大学文理学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)