• 本

ドイツ現代史の正しい見方

草思社文庫 ハ1−2

出版社名 草思社
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-7942-2465-1
4-7942-2465-6
税込価格 1,100円
頁数・縦 286P 16cm

商品内容

要旨

ヒトラーによる権力掌握はドイツ史の必然だったのか?第二次世界大戦が起こった真の理由とは?独自のヒトラー論で知られる歴史家ハフナー(1907‐1999)が、ドイツ現代史の分岐点となった数々のトピックスを取り上げ、「歴史のイフ」を考察した刺激的な一冊。ドイツ現代史のポイントを、同時代人としての視点を織り込みながら解き明かす。

目次

歴史はつねに創作される
ローマ帝国の巨大な遺産
人工国家プロイセンの興亡
ビスマルクのドイツ帝国建設
セダンの勝利の呪縛
ヴェルサイユ条約の逆説
ヒトラーはなぜ権力を手にできたのか
第二次世界大戦はいつはじまったのか
ドイツはなぜ間違ったか
ワイマール憲法が失敗してボン基本法が成功した理由
奇跡の老人アデナウアー

おすすめコメント

ドイツからヒトラーやナチスが誕生したのは必然だったのか?第二次世界大戦はいつから始まったのか?ドイツ現代史の分岐となった時点を「もしあのとき、こうなっていたら」と再検証する刺激的な書。

著者紹介

ハフナー,セバスチャン (ハフナー,セバスチャン)   Haffner,Sebastian
1907年生まれ。ドイツの著述家。ジャーナリスト。ナチス政権下の1938年にイギリスに亡命し、「オブザーヴァー」紙で活躍。第2次大戦後、ドイツに戻り、政治コラムニストとして「ヴェルト」紙、「シュテルン」誌などを拠点に活動。1999年没
瀬野 文教 (セノ フミノリ)  
翻訳家。1955年東京生まれ。北海道大学大学院独文科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)