• 本

剣鬼攻防

祥伝社文庫 と8−61 介錯人・父子斬日譚 4

出版社名 祥伝社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-396-34680-5
4-396-34680-8
税込価格 715円
頁数・縦 266P 16cm

商品内容

要旨

一刀流道場を構える練達の青山庄兵衛が闇討ちに遭い、袈裟懸けの一刀のもとに斬り捨てられた。廻国修行から戻った嫡男の源之助が跡を継いで道場閉鎖こそ免れたが、敵を討つには戦力に乏しい。そこで源之助が助太刀を願ったのは、父と旧知の狩谷桑兵衛だった。桑兵衛の嫡男唐十郎と師範代本間弥次郎は、他流派の源之助らと交流し腕を磨きながら、凶悪な剣鬼を討つ!

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)