• 本

国富論 2

改版

中公文庫 ス4−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-12-206983-1
4-12-206983-1
税込価格 1,485円
頁数・縦 623P 16cm

商品内容

要旨

スミスは資本主義社会における人間の本性と社会的生産力の全構造を究め、「見えざる手」に導かれる社会原理を明らかにして経済学に体系を与えた。この古典経済学と近代自由主義の原典に、独自の要約的小見出しや詳細な訳注を配した邦訳の決定版。2巻には第三篇、第四篇を収録。国家による経済への介入の歴史を究明し、重商主義を批判する。

目次

第3篇 国によって富裕になる進路が異なること(富裕になる自然の進路について
ローマ帝国没落後のヨーロッパの旧状においては農業が阻害された
ローマ帝国没落後における都市の発生とその発達について
都市の商業はいかにして農村の改良に貢献したか)
第4篇 経済学の諸体系について(商業主義または重商主義の原理について
国内でも生産できる財貨を外国から輸入することにたいする制限について
貿易差額が自国に不利と思われる諸国から輸入されるほとんどあらゆる種類の財貨にたいする特別の制限について
戻税について
奨励金について
通商条約について
植民地について
重商主義の結論
重農主義について、すなわち、土地の生産物がすべての国の収入と富の唯一またはおもな源泉だと説く経済学上の主義について)

出版社・メーカーコメント

スミスは資本主義社会における人間の本性と社会的生産力の全構造を究め、「見えざる手」に導かれる社会原理を明らかにして経済学に体系を与えた。この古典経済学と近代自由主義の原典に、独自の要約的小見出しや詳細な訳注を配して甦らせた邦訳の決定版。II巻には第三篇、第四篇を収録。資本投下の「自然な順序」を逆転させた国家による経済活動の政策的介入の歴史を究明し、重商主義を徹底的に批判する。【全三巻】定評あるロングセラー翻訳書を厳選し、読みやすくした新版

著者紹介

スミス,アダム (スミス,アダム)   Smith,Adam
1723‐90年。イギリスの経済学者。古典経済学の祖。スコットランドの港町カコーディ生まれ。グラスゴー大学に学び、道徳哲学者F・ハチソンの影響を受けた。オックスフォード大学中退。グラスゴー大学の倫理学教授、道徳哲学教授を経て、同大学総長に選任された
大河内 一男 (オオコウチ カズオ)  
1905年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。東大教授、同総長を経て、東大名誉教授。日本学士院会員。経済学博士。アダム・スミスの会会長。社会思想史・労働問題専攻。84年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)