• 本

スタートアップ興国論 ポスト・コロナの新戦略 愛知が起こす成長革命 3

出版社名 PHPエディターズ・グループ
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-909417-53-4
4-909417-53-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 247P 19cm

商品内容

目次

1章 アメリカ(医薬・バイオスタートアップ
最先端を追う
ダイナミックな人口移動)
2章 中国(北京・雄安新区(Beijing,Xiong’an New Area)―高度ハイテク系を輩出
杭州(Hangzhou)―アリババ城下町の凄み
上海(Shanghai)―金融・商業の実験場
深〓(Shenzhen)―モノづくりの革新拠点)
3章 欧州(パリ(Paris)―伝統社会を革新する
ベルリン(Berlin)―自由・開放で民力伸ばす
イスラエル(Israel)―中東のシリコンバレー)
4章 日本(愛知カレンダー
アジアを活かす)

著者紹介

大村 秀章 (オオムラ ヒデアキ)  
愛知県知事。中部圏知事会会長。リニア中央新幹線建設促進期成同盟会会長。1960年3月、愛知県碧南市生まれ。東京大学法学部卒。農林水産省を経て、1996年、第41回衆議院議員選挙で初当選(当時36歳、自由民主党)。以来、5期連続当選。2001年、小泉政権発足と同時に経済産業大臣政務官に就任。2002年、内閣府大臣政務官。2006年、内閣府副大臣(経済財政、金融、地方分権改革)。2008年、厚生労働副大臣。この間、日本の構造改革、社会保障制度改革に司令塔として取り組む。2010年、衆議院決算行政監視委員長。2011年、愛知県知事当選。「世界と闘える愛知」の実現を目指し、成長戦略の推進と愛知県政の改革及び地方分権に果敢に取り組む。2015年、愛知県知事再選。2019年、同3選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)