• 本

〈戦後文学〉の現在形

出版社名 平凡社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-582-83850-3
4-582-83850-2
税込価格 5,280円
頁数・縦 469P 20cm

商品内容

要旨

坂口安吾から多和田葉子まで、瀬戸内晴美(寂聴)や司馬遼太郎、松本清張や宮部みゆき、金石範や中上健次、津島佑子といった新たな視点で選んだ“戦後文学”の60作品を、震災を経た「戦後」後の状況下で読み解き、混迷する「いま」の位相と様相を浮かび上がらせる。

目次

プロローグ “戦後文学”の現在形
1期 一九四五〜一九七〇年(坂口安吾『戦争と一人の女』―あさましさの肯定と寄る辺なさ
原民喜『夏の花』―「顔」との遭遇
武田泰淳『蝮のすえ』―上海で迎えた「戦後」 ほか)
2期 一九七一〜一九八九年(大西巨人『神聖喜劇』―今なお生々しい社会の「縮図」
李恢成『砧をうつ女』―「母」なる「戦後」
東峰夫『オキナワの少年』―「一本の軍用道路にしがみついているコザの町」 ほか)
3期 一九九〇〜二〇二〇年(笙野頼子『居場所もなかった』―常識人の健全な妄想
松浦理英子『親指Pの修業時代』―上演される“性”
奥泉光『石の来歴』―生成する個人史、堆積する戦後史 ほか)
エピローグ 新型コロナウイルス禍のなかで

出版社・メーカーコメント

終戦以降現在まで、日本の現代文学の総括的な評価・分析を行うという、類例のない評論集。日本文学を代表する60作品を選び論評を加える。文学運動・作家論などコラムも充実。

著者紹介

紅野 謙介 (コウノ ケンスケ)  
日本大学文理学部教授
内藤 千珠子 (ナイトウ チズコ)  
大妻女子大学文学部教授
成田 龍一 (ナリタ リュウイチ)  
日本女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)