• 本

読み替えられた日本書紀

角川選書 642

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-04-703701-4
4-04-703701-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 302P 19cm

商品内容

要旨

完成以降1300年、正史『日本書紀』の神話は不変ではなく、時代的な背景や為政者の思惑で大きく変化し続けてきた。たとえば中世において、太陽の女神アマテラスは、蛇体の神になり仏教を広める役割を担った。英雄スサノヲが地獄の閻魔大王とされたこともある。その変容は、「日本」という国の認識が、常に更新されてきたことを浮かび上がらせる。中世を起点に近現代へ、そして古代へ。壮大な受容史をたどる。

目次

プロローグ 『日本書紀』一三〇〇年紀にむけて
第1章 中世日本紀の世界へ
第2章 戦乱のなかの『日本書紀』
第3章 「日本紀講」と平安貴族たち
第4章 儒学者・国学者たちの『日本書紀』
第5章 『日本書紀』の近・現代史
第6章 天武天皇・舎人親王・太安万侶―『日本書紀』成立の現場へ

出版社・メーカーコメント

日本書紀成立、1300年。為政者たちの”解釈”でさまざまに変容してきた日本書紀の成立以後、様々な注釈書が生まれた。一方で為政者の都合による解釈も行われた。とくに中世は、教や陰陽道などを使って注釈され、原典とは異なる「日本紀」が再創建された。日本書紀の受容の歴史をたどる。

著者紹介

斎藤 英喜 (サイトウ ヒデキ)  
1955年東京都生まれ。佛教大学歴史学部教授。日本大学芸術学部卒業、法政大学文学部日本文学科卒業。日本大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門は神話・伝承学。『古事記 不思議な1300年史』(新人物往来社)で古事記出版大賞稗田阿礼賞、『古事記はいかに読まれてきたか“神話の変貌”』(吉川弘文館)で古代歴史文化みえ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)