• 本

ヒトの言葉機械の言葉 「人工知能と話す」以前の言語学

角川新書 K−339

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-082348-5
4-04-082348-6
税込価格 990円
頁数・縦 254P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

SiriやAlexaといった音声アシスタントや、Pepperなどの人型ロボットは人の言葉を聞き取って応答する。だが、それらに搭載されたAIは、人間と同じように言葉を理解した上で話をしているわけではない。人間の言葉の持つ曖昧さや、状況に応じてさまざまな意図を伝えるという側面が、AIにとっては難しいからだ。本書では、AIが人間の言葉を話す仕組みを紹介した上で、「人間が言葉を理解するとはどういうことか」「そもそも言葉の意味とは何か」といったテーマを、日常的な実例や言語学などの研究成果を引きながら論じている。コミュニケーションにおいて相手の「意図」を理解するには、状況や関係性を瞬時に判断しつつ、言外の意味まで考慮に入れなければならないが、人間はそれを無意識のうちに行っている。AIが人間と同じようにそれを行い、スムーズに会話ができるようになるまでには長い時間がかかるという。なぜなのだろうか? 著者は、九州大学などで言語学を専攻し、博士号を取得。津田塾大学女性研究者支援センター特任准教授、国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授などを経て、言語学や情報科学をテーマに著作活動を行っている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2020年12月22日]

商品内容

要旨

AIが発達しつつある今、改めて「言葉とは何か」を問い直す。AIと普通に話せる日はくるのか。人工知能と向き合う前に心がけるべきことは何か。そもそも私たちは「言葉の意味とは何か」を理解しているのか―「理論言語学」出身にして気鋭の作家が、言葉の「不思議」と「未解決の謎」に迫る。

目次

第1章 機械の言葉の現状(コンピュータの内側で、言葉はどう扱われるのか
文字以外の情報も数で表される ほか)
第2章 言葉の意味とは何なのか(意味は辞書に全部書いてある?
意味は心の中のイメージか? ほか)
第3章 文法と言語習得に関する謎(無意識の文法―「かたまり」に切り分ける
無意識の文法―意味解釈への影響 ほか)
第4章 コミュニケーションを可能にするもの(他人の意図の理解
意図理解の手がかり
言われたことを実行する)
第5章 機械の言葉とどう向き合うか(チューリング・テスト
人間っぽい言動=言語理解? ほか)

出版社・メーカーコメント

AIが発達しつつあるいま、改めて「言葉とは何か」を問い直すAIと普通に話せる日はくるか。人工知能と向き合う前に心がけるべきことは。そもそも私たちは「言葉の意味とは何か」を理解しているか。理論言語学出身の気鋭の作家が、言葉の「不思議」と「未解決の謎」に迫る

著者紹介

川添 愛 (カワゾエ アイ)  
九州大学文学部、同大学院ほかにて言語学を専攻し、博士号を取得。津田塾大学女性研究者支援センター特任准教授、国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授などを経て、言語学や情報科学をテーマに著作活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)