• 本

『嵐が丘』を継ぐ者

ファミ通文庫 の2−19−2 むすぶと本。

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-736426-4
4-04-736426-6
税込価格 737円
頁数・縦 349P 15cm

商品内容

要旨

本は読み手を、いつも見守ってくれている。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると妖精が泣いていた。妖精のような少女は姫倉蛍といい、悠人先輩の妹だという。むすぶは先輩から妹が本に“罹患”しているのではないかという深刻な相談をされる。本と深く共鳴する“罹患”は、時に人を破滅的な行為に走らせてしまう危険な状態だ。さっそく蛍をよく知る本たちに話を聞きに行ったむすぶは、思わぬ壁にぶつかってしまい―。むすぶは本の言葉を解き明かし、少女の涙の理由を知ることができるのか!?

出版社・メーカーコメント

『嵐が丘』は少女に何を語りかけていたのか――。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶは、姫倉蛍が泣いてるのを見てしまった。彼女は悠人先輩の妹だという。先輩から妹が“罹患”してないかと相談をされたむすぶは、蛍をよく知る本たちに話を聞きに行くのだが――。

著者紹介

野村 美月 (ノムラ ミズキ)  
福島出身。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)