• 本

せかいでさいしょにズボンをはいた女の子

出版社名 光村教育図書
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-89572-269-8
4-89572-269-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 〔41P〕 22×25cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 好きな洋服を着たい!

    女の子がズボンをはく。今では当たり前のことが許されない時代がありました。
    それをおかしいと思ったメアリーはズボンをはいて町へ出かけました。
    ズボンをはいたメアリーを非難する人にむかって「わたしはわたしのふくをきているのよ!」という言葉が刺さりました。
    150年前の本当の話です。

    (2021年8月13日)

商品内容

要旨

ちょっとむかし、女の子はズボンをはいちゃいけなかった。女の子がきることができたのは、きゅうくつなドレスだけ…そんなことって、しんじられる?

著者紹介

ネグレー,キース (ネグレー,キース)   Negley,Keith
大学で美術を学び、2013年に美術学修士号を取得。その後、作家、イラストレーターとして活躍している。新聞や雑誌、ポスターや出版物などの紙媒体のほか、Tシャツやスケートボード、時計など、幅広く作品を提供している。これまでにイラストレーション協会から5つのメダルを獲得したほか、初めて手がけた絵本“Tough Guys”(未邦訳)でケイト・グリーナウェイ賞にノミネートされた。ワシントン州在住
石井 睦美 (イシイ ムツミ)  
作家、翻訳家。1990年『五月のはじめ、日曜日の朝』で、第3回毎日新聞はないちもんめ童話大賞、新美南吉児童文学賞受賞、2011年『皿と紙ひこうき』で、第51回日本児童文学者協会賞、2015年『わたしちゃん』で第26回ひろすけ童話賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)