• 本

明日、学校へ行きたくない 言葉にならない思いを抱える君へ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-110043-1
4-04-110043-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

「ふつう」ってなんだろう。専門家がいっしょに考えます。

目次

1章 明日、学校へ行きたくない(勉強も学校もトラウマ
スクールカーストがこわい
人が怒られているのを見ているのがつらい ほか)
2章 どこにも居場所がない(学校ではいじめ、家ではDVを受けていた
制服のスカートを履くのが苦痛だった
夢も目標もなくまわりの目がこわい)
3章 将来に希望をもちたい(姉妹でフリースクールに通っている
学校に行くのはつらいけれど、進学できなくなるのが不安
子どもが発達障害を抱えている)

出版社・メーカーコメント

「ふつう」ってなんだろう?不登校やいじめなど学校にまつわる悩みを考える子どもが抱える学校にまつわる悩みや不安について、茂木健一郎(脳科学者)、信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)、山崎聡一郎(『こども六法』著者)が一緒に考えます。

著者紹介

茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年東京都生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部を卒業後、同大学院理学系研究科物理学専攻課程を修了。博士(理学)。「クオリア(意識における主観的な質感)」をキーワードとして、脳と心の関係を探求し続けている。『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞受賞、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞
信田 さよ子 (ノブタ サヨコ)  
1946年岐阜県生まれ。公認心理師、臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。お茶の水女子大学文教育学部哲学科卒業、同大学院修士課程家政学研究科児童学専攻修了。修士(児童学)。親子・夫婦関係、アルコール依存症、DV、子どもへの虐待などの問題に取り組み続けている。著書多数
山崎 聡一郎 (ヤマサキ ソウイチロウ)  
1993年東京都生まれ。教育研究者、写真家、俳優。合同会社Art&Arts代表。慶應義塾大学SFC研究所所員。慶應義塾大学総合政策学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。修士(社会学)。2019年、自身の学生時代の研究プロジェクトをもとに『こども六法』(弘文堂)を刊行。「法教育を通じたいじめ問題解決」をテーマに研究や講演を行いながら、ミュージカル俳優・声楽家としても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)