• 本

フォルモサ台湾と日本の地理歴史

平凡社ライブラリー 913

出版社名 平凡社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-582-76913-5
4-582-76913-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 419P 16cm

商品内容

要旨

科学的知識と想像力が綯い交ぜとなり、常識や既成概念を次々と突き崩していった一八世紀初頭。宗教・社会制度・日常生活すべてに及ぶその自由な言説空間に偉大なる想像(創造)力をもった謎の男によって放たれ、偽書ながら欧州を席倦、その後の東アジア認識にも大きく影響した世紀の奇書。

目次

第1巻(位置と大きさ、島の配置
フォルモサで起きた大きな革命のこと
フォルモサにおける政府のしくみ、およびメリヤンダノー皇帝が定めた新しい法について
フォルモサの人々の宗教について
祝祭について ほか)
第2巻(著者によるヨーロッパ各地の旅の説明
著者が改宗に至った根拠
神の存在について
神の一般的属性について
特に神聖なる属性について ほか)

出版社・メーカーコメント

自称台湾人の詐欺師による詳細な台湾・日本紹介。すべて架空の創作ながら知識層に広く読まれ、18世紀欧州の極東認識やあの『ガリヴァー旅行記』にも影響を与えた世紀の奇書。

著者紹介

サルマナザール,ジョージ (サルマナザール,ジョージ)   Psalmanazar,George
1679?‐1763。本名不詳。フランス生まれ。ヨーロッパ各地を転々とした後、イギリス国教会に改宗して「フォルモサ(台湾)人」と称する。1703年に渡英。1704年に出版した『フォルモサ』は、現地の詳細な記録として、また、異教徒のイギリス国教会への改宗の軌跡を示すものとして一世を風靡し、各国語にも翻訳されたが、後に詐術であることを告白した。以後は、牧師、文筆家としてロンドンのグラブ・ストリート周辺で暮らし、サミュエル・ジョンソンなど、当時の文人との交流を持った。『ユニヴァーサル・ヒストリー』をはじめとする定期刊行物への寄稿のほか、サミュエル・パーマーとの共著『印刷史』(1732)などを出版したが、1763年、貧窮のうちに没した
原田 範行 (ハラダ ノリユキ)  
1963年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。日本学術会議会員。博士(文学)。専門は近代イギリス文学、印刷出版文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)