• 本

Liquid液体 この素晴らしく、不思議で、危ないもの

出版社名 インターシフト
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-7726-9572-5
4-7726-9572-9
税込価格 2,420円
頁数・縦 283P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

人間は、日々生活する中で、さまざまな「液体」と関わっている。食事における飲料の摂取、手洗いやシャワー・入浴、発汗や排尿、毎日眺めるスマホの液晶も液体の性質を持っている。海洋や河川、降雨など地球環境にも液体に関係するものは多い。さらに燃料の使用など、産業の発展にも液体は貢献してきた。本書は、さまざまな種類の「液体」と人類の関わりを、多様なエピソードとともに語るサイエンスエッセイ。燃料、アルコール、海、接着剤、液晶、体液、コーヒー・紅茶、液状石けん、冷蔵庫、ボールペン、気象、地球の芯にある液状金属といった広範なテーマのもと、液体の便利だが、時に危ない性質、そしてそれを利用した人類のイノベーションについて、著者が航空機で旅をするストーリーにのせて軽妙かつ詳細に解説している。著者は、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(UCL)の「材料と社会」学部教授、同大学のインスティテュート・オブ・メイキング所長。前著『人類を変えた素晴らしき10の材料』は、全米ベストセラーにもなった。なおダイジェストでは、ボールペンの発明に関するエピソードを取り上げた。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2021年4月28日]

商品内容

要旨

素晴らしく、不思議で、危ない“液体の魔法”へようこそ!“文明を進化させた接着剤”“液体×結晶の「液晶」って?”“ボールペンは液体工学の天才が生んだ”“最高においしいコーヒー・紅茶とは?”“地球は液体の惑星だ…”液体をめぐる人類の発見とイノベーションの物語。

目次

爆発…現代の魔法のランプに乗って
陶酔…アルコールの風味と毒に魅せられる
深遠…水の振動と波の凄いエネルギー
粘着…モノをくっつけて文明は進化した
幻想…オスカー・ワイルドの夢をかなえた液晶
本能…健康に欠かせない体液が嫌がられるわけ
一服…最高においしいコーヒー・紅茶を味わう
洗浄…液体石けんはアイデアの宝庫だ
冷却…冷蔵庫から人工血液まで
不滅…ボールペンを生んだ液体工学の天才
曇天…上唇の水分子から放電する稲妻へ
溶融…流動する液体の星の上に暮らして
持続…都市を自己修復するテクノロジー

著者紹介

ミーオドヴニク,マーク (ミーオドヴニク,マーク)   Miodownik,Mark
ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(UCL)の「材料と社会」学部教授。同大のインスティテュート・オブ・メイキング所長。『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。英国王立協会マイケル・ファラデー賞を受賞(2017年)。BBCテレビのドキュメンタリー番組のプレゼンターも務める。前著『人類を変えた素晴らしき10の材料』は、多数の年間ベストブックを獲得し、全米ベストセラーにもなった
松井 信彦 (マツイ ノブヒコ)  
翻訳家。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)