• 本

子どもの「こころ」をのぞいてみる

イラストBOOKたのしい保育

出版社名 ぎょうせい
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-324-10990-8
4-324-10990-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 131P 19cm

商品内容

要旨

乳幼児の「こころ」の育ち。その不思議と面白さを知れば―もっと子どもと関わりたくなる!もっと保育がたのしく・豊かになる!発達心理学の基本的な知識と、それにもとづく保育のポイントをぎゅっ!と凝縮しました。

目次

1 子どもの「こころ」の育ち―発達心理学の知見から(赤ちゃんのふしぎ―最新の赤ちゃん学の視点から
愛着形成と発達
心を知ること―心の理論の発達
「わたし」の発達
感情と感情制御―非認知スキルの発達
保育者が理解することの大切さ―ASDの発達特性
読み書きや数の理解と発達支援―LDの発達特性)
2 「こころ」の発達に応じた保育者の関わり(乳児
一歳以上三歳未満児
三歳以上児)
3 子どもとともに伸びる保育者(保育の現場から1「走りオリンピック」―生み出される遊びの中で子どもの姿を線でとらえる
保育の現場から2「おやつをもってピクニックに行きたい!」―子どもたちの「やりたい」気持ちから園の外へ
保育の現場から3「アゲハチョウの幼虫と謎の虫」―大人が興味を持つことで、子どもの心も動いていく
保育者に知ってほしいこと1「印象」の落とし穴
保育者に知ってほしいこと2 保護者を支えるということ
保育者に知ってほしいこと3 インクルーシブ保育
保育者に知ってほしいこと4 子どもの発達をとらえ、保育者の関わり方をよくしていくには)

著者紹介

佐久間 路子 (サクマ ミチコ)  
白梅学園大学子ども学部発達臨床学科教授。2003年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科修了。博士(人文科学)。白梅学園短期大学心理学科、保育科を経て現職。専門は発達心理学、特に自己概念の発達(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)