• 本

三角の距離は限りないゼロ 7

電撃文庫 3816

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-04-913586-2
4-04-913586-8
税込価格 704円
頁数・縦 269P 15cm
シリーズ名 三角の距離は限りないゼロ

商品内容

要旨

一人の中にいる二人の少女「秋玻」と「春珂」。彼女たちと恋するなかで、僕は「自分」がわからなくなってしまう。―僕って、どんなやつだったっけ?明るい作り物の僕と、その裏にいた繊細な、本物の僕。…本当にそうか?春休み。再び明るくなった僕は、支えてくれる秋玻、春珂と一緒に、自分を探しはじめる。そして入れ替わりの時間が短くなってゆく彼女たちにも、同じように自分への疑問に向き合うときが来る。「―わたしたちって、二重人格って、なんなんだろう?」二重人格の彼女とともに過ごした一年を辿り終えたそのとき、僕は終わりゆく「彼女たち」の最後の願いに触れる―。僕と彼女と彼女が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。

出版社・メーカーコメント

自分を見失った僕。足跡を辿るなかで、ついに彼女たちの終わりが来て――。秋玻と春珂との関係のなかで、僕は自分を見失ってしまう。壊れた自分を見直すことは、秋玻と春珂と過ごした日々を見つめなおすことでもあった……やがて境界を失うふたりが、彼に投げかける最後の願いは――。

著者紹介

岬 鷺宮 (ミサキ サギノミヤ)  
ライトノベル作家。作品に『失恋探偵ももせ1〜3』、『三角の距離は限りないゼロ1〜7』、『読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから』(いずれも電撃文庫)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)