• 本

事業・財産承継の法務と税務 信託をいかに活用するか

出版社名 清文社
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-433-75111-1
4-433-75111-1
税込価格 3,740円
頁数・縦 338P 21cm

商品内容

要旨

次世代への事業承継・財産承継のタイムリミットが迫っている!その手法は?タイミングは?後継者は?相続対策は?中小企業の事業・財産承継のためのツールとして注目されている株式管理信託、生前贈与型信託、遺言代用信託、受益者連続型信託などの活用とは?信託契約とは?倒産隔離効とは?受益者等課税信託とは?具体的事例を交えながら、法務・税務上の留意点を詳解!

目次

第1章 事業・財産承継における民法の基礎
第2章 事業・財産承継における信託の基礎
第3章 事業・財産承継における法的な課題と対策
第4章 事業・財産承継と信託
第5章 事業承継税制
第6章 財産及び財産の承継時の信託の活用と税務上の取扱い

著者紹介

田中 和明 (タナカ カズアキ)  
三井住友信託銀行株式会社法務部アドバイザー。公益財団法人トラスト未来フォーラム研究主幹。一橋大学大学院法学研究科客員教授、東北大学法学部客員教授。慶應義塾大学法学院法務研究科非常勤講師、関西学院大学法学部非常勤講師、学習院大学法学部非常勤講師、法制審議会臨時委員(信託法部会)2004年10月〜2016年6月。一橋大学博士(経営法)
中野 竹司 (ナカノ タケシ)  
弁護士・公認会計士奥・片山・佐藤法律事務所パートナー。筑波大学法科大学院非常勤講師(現任)。東北大学国際会計政策大学院非常勤講師(2020年まで)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)