• 本

日本のタブー3.0

宝島社新書 631

出版社名 宝島社
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-299-02403-9
4-299-02403-6
税込価格 1,080円
頁数・縦 317P 18cm

商品内容

要旨

強まる付度と加速する自主規制―。「報道しない自由」という安全地帯に逃げ込んだ既存メディアはレームダック化し、国民が知るべきこと、知りたいことへの視点は完全に放置された状態である。太陽光発電、カジノ、経済安全保障をめぐる怪しい利権構造、コロナワクチンと製薬マネーの実態、政権による流用疑惑がささやかれる官房機密費、入管庁で行われていた非人道的蛮行…。新時代の「聖域」に斬り込む16の深層リポート!

目次

第1章 聖域の内幕(ワクチンと製薬マネー―医師とメディアの批判を封印する「利益相反」の実態
脱炭素社会の罠―中国なしでは「脱炭素」が実現しない亡国危機 ほか)
第2章 暴走する権力(官房機密費―非公表の裏で自民党による私的・党利党略の「流用疑惑」
内閣情報調査室―政治スキャンダル「文春砲」は内調による情報操作か ほか)
第3章 利権と黒幕(太陽光発電利権―大樹総研を率いる「令和のフィクサー」の正体
カジノ利権―反社人脈も暗躍した和歌山・長崎「IRの深い闇」 ほか)
第4章 自壊する組織(山口組分裂抗争・最終章―山健組が六代目山口組に復帰 神戸山口組「自壊」の深層
創価学会女性部(旧・婦人部)―自公政権に“隠然たる影響力”と囁かれる女性組織 ほか)
第5章 格差社会の深淵(企業の内部留保―莫大な「利益剰余金」を労働者へ配分しない日本企業
死刑制度―大手メディアが知っているのに報じない「極刑の真実」 ほか)

出版社・メーカーコメント

山口組分裂・最終章、工藤會総裁の死刑判決、内閣情報調査室、太陽光発電利権、脱炭素社会の罠、入管の闇、カジノ利権、官房機密費――大手メディアがコモディティ化するなか報道されないタブーが増殖。新時代の日本の聖域をテーマに豪華執筆陣が独自取材。大手メディアが絶対に報道しない日本のシン・タブーを明らかにする――。

著者紹介

望月 衣塑子 (モチズキ イソコ)  
慶應義塾大学法学部卒業後、2000年に東京・中日新聞社に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。その後、経済部を経て社会部遊軍記者。17年4月以降は森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、並行して官房長官会見で質問し続けた。17年に平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。「税を追う」取材チームで19年度JCJ大賞受賞
鈴木 智彦 (スズキ トモヒコ)  
1966年生まれ。カメラマン兼ライター。暴力団系の取材経験が豊富
西〓 伸彦 (ニシザキ ノブヒコ)  
1970年、岡山県生まれ。立命館大学卒。『週刊ポスト』記者を経て、2006年に『週刊文春』記者となり、経済事件や政治、スポーツなどの取材を行う。20年11月からフリー
鳥集 徹 (トリダマリ トオル)  
1966年、兵庫県生まれ。出版社勤務等を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。15年に著書『新薬の罠』(文藝春秋)で第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)