• 本

模索の扉

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2022年1月
ISBNコード 978-4-344-93795-6
4-344-93795-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 173P 19cm

商品内容

要旨

“生きるとは”―その答えはないものの、様々な語りが何かを指し示す。家族の死や病に直面し、動揺、試行錯誤する家族の姿を綴った感動のエッセイ。

目次

1章 父の死に思うこと―躁鬱病と闘っていた父の思い出
2章 母が残してくれたもの―リウマチ 肺炎で晩年に苦しんだ母
3章 母と妹の間で―乳がんを患いながらも懸命に生きる妹
4章 気づいてあげられなかった悔悟―娘由美の脱毛症との付き合い方
5章 ひたすら頑張った末の福音―娘恵美が不妊治療を続けた理由
6章 夫の苦悩を察した後の共同―いつしかパニック障害になっていた夫
7章 あれこれさまよいながらわかってきたこと―息子亮とのアトピー性皮膚炎治療
8章 聴力低下は迷わず耳鼻科へ、納得できるまで徹底的に―私を襲った突発性難聴
おわりに これまでをふりかえって