• 本

変身

角川文庫 カ2−6

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年2月
ISBNコード 978-4-04-109236-1
4-04-109236-1
税込価格 550円
頁数・縦 174P 15cm

商品内容

要旨

「おれはどうなったんだ?」平凡なサラリーマンのグレゴールはベッドの中で巨大な虫けらに姿を変えていた。変身の意味と理由が明かされることはなく、主人公の家族を巻き込んだ不条理な物語が展開していく―。最新のカフカ研究を踏まえた精緻でテンポよい新訳で贈る不朽の問題作。神話化されつづける作家の実像を、両親や恋人、労災保険局での仕事、ユダヤ人の出自、執筆の背景などから多面的に説き明かす、訳者解説を収録。

出版社・メーカーコメント

朝目覚めると、サラリーマンから虫けらに。新たなカフカ像にもとづく新訳平凡なサラリーマンがある朝、巨大な虫けらに変身した状態で目覚める──。不条理文学の旗手か、不器用なサラリーマン作家か。新たなカフカ像にもとづく新訳と訳者解説によって、不朽の名作がよみがえる。

著者紹介

カフカ,フランツ (カフカ,フランツ)   Kafka,Franz
1883年生まれ。オーストリア=ハンガリー二重帝国時代のボヘミア王国(現在のチェコ)の首都プラハで、ドイツ語を話すユダヤ人の家庭に生まれる。プラハ大学で法学を学んだのち、労働者災害保険局に勤めるかたわら小説を執筆。1924年、結核のため死去
川島 隆 (カワシマ タカシ)  
京都大学大学院准教授。専門は近現代のドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)