• 本

ケータイをヤバい男に拾われて

双葉文庫 よ−10−09

出版社名 双葉社
出版年月 2022年3月
ISBNコード 978-4-575-52553-3
4-575-52553-7
税込価格 748円
頁数・縦 302P 15cm

商品内容

要旨

デパートに勤める野本尚美は美人で仕事ができ、まさに順風満帆だった。お天気の昼休み、新宿の公園にケータイを置き忘れるまでは。持ち去ったのはストーカー行為で会社をクビになって失踪中の中年ホームレス。頭は切れるがモラルに欠ける男はケータイを覗き見て狂喜した―そこには尚美の絶対に人に知られてはいけない秘密が保存されていた。不倫中の上司との裸の写真や淫らなメールの数々が。興奮したストーカー男はフルに悪知恵を働かせて生身の尚美に接近する!必死の攻防、裏切り、直接対決…リアルな恐怖に震える、不朽の一気読みサスペンス!

出版社・メーカーコメント

“むかーしむかし、ケータイにロックをかけない時代がありました……”。写真撮れる、録音できる、メール、おさいふケータイ付き――とガラケーに現在と共通の便利機能があらかた備わった2000年代後半。なのに危機意識はまだ低く、今思えば大変に危険な状態でありました。そして、ここに考え得る限り最悪な事態に陥った一人の女性が……。新宿のデパートの企画開発部で活躍する野本尚美は、ある日公園のベンチにケータイを置き忘れた。気づいて戻ったときにはもうなかった……。まずい。ケータイには不倫相手の上司との赤裸々なメール、頼まれて渋々撮った裸の写真が保存されている。いい人に拾われていることを願うしかなかったが、さにあらず。拾い主は、ストーカー行為で会社をクビになってホームレス状態のやぶれかぶれ男! 妙に悪知恵が働く男に様々な個人情報を知られてしまい、どんどん接近されて……自分だったら、と震えざるを得ない「日常の恐怖」がここに! 『かげろう日記』で再発見された“吉村ホラーサスペンス”の真骨頂! これは、令和に生きるあなたも読んでおくべき一冊です。(ハルキ文庫『ケータイ紛失!』を改題)

著者紹介

吉村 達也 (ヨシムラ タツヤ)  
1952年生まれ。一橋大学卒業後、ニッポン放送、扶桑社編集長を経て、90年より専業作家。朝比奈耕作、氷室想介、志垣警部などの人気ミステリーシリーズ並びに『ゼームス坂から幽霊坂』などホラー作品に多くのファンを持つ。『なぜ紫の夜明けに』をはじめ心理サスペンスにも定評がある。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)