• 本

メディアエコロジー 端末市民のゆくえ

出版社名 左右社
出版年月 2024年1月
ISBNコード 978-4-86528-393-8
4-86528-393-5
税込価格 3,520円
頁数・縦 381P 18cm

商品内容

要旨

ポストメディアの条件。

目次

いささか長い序論 コミュニケーションの危機とメディアのエコロジー
第1章 消失と終焉―端末市民の「残余」をめぐって
第2章 「期待と地平」と「再帰性」をめぐるメディア論的省察
第3章 プロメテウスのための新しい命法―ポストメディア運動としてのメディア・アート
第4章 アートはコミュニケーションか―分裂生成と「芸術の臨床」
第5章 到来の思考―端末市民を問い続けること
第6章 世界の再・植民地化と個の刷新―端末市民と超・文書主義をめぐって
第7章 痕跡を消せ―メディアエコロジーの条件

著者紹介

桂 英史 (カツラ エイシ)  
1959年、長崎県生まれ。メディア論、芸術実践論、図書館情報学。東京藝術大学大学院映像研究科教授。「RAM Association」プロデューサー。図書館情報大学大学院修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)