• 本

背高泡立草 (次回入荷予約)

古川 真人 著

出版社名 集英社
発売予定日 2020年2月下旬
予約締切日 2020年2月24日
予定税込価格 1,540円

商品内容

文学賞情報

2019年 第162回 芥川賞受賞

出版社・メーカーコメント

【第162回 芥川賞受賞作】草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではないから。 記憶と歴史が結びついた、著者新境地。  大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。吉川家には<古か家>と<新しい方の家>があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっていた。奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は<新しい方の家>が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが<古か家>だった。島にはいつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者があった。江戸時代には捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し島の漁師に救助された人々がいた。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともあった。草に埋もれた納屋を見ながら奈美は、吉川の者たちと二つの家に流れた時間、これから流れるだろう時間を思うのだった。  【著者略歴】古川真人(ふるかわ・まこと) 1988年福岡県福岡市生まれ。國學院大學文学部中退。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー、同作で第156回芥川賞候補に。2017年、第2作「四時過ぎの船」で第157回芥川賞候補、第31回三島由紀夫賞候補、2019年、第4作「ラッコの家」で第161回芥川賞候補。2020年、第5作「背高泡立草」で第162回芥川賞受賞。

著者紹介

古川 真人 (フルカワ マコト)  
1988年福岡県福岡市生まれ。國學院大學文学部中退。2016年「縫わんばならん」で第四八回新潮新人賞を受賞しデビュー、同作で第一五六回芥川賞候補に。2017年、第二作「四時過ぎの船」で第一五七回芥川賞候補、第三一回三島由紀夫賞候補。2019年、第四作「ラッコの家」で第一六一回芥川賞候補。2020年、「背高泡立草」で第一六二回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

このジャンルの予約商品

あなたが私を竹槍で突き殺す前に 李龍徳

2020年3月16日 発売予定

月の光(現代中国SFアンソロジー)(仮) 【新ハヤカワ☆SF・シリーズ】 ケン・リュウ/篇 劉慈欣 他

2020年3月23日 発売予定

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい 大前粟生

2020年3月17日 発売予定

私たちの望むものは 小手鞠るい

2020年3月17日 発売予定

築地人形 青木笙子

2020年3月17日 発売予定

ザリガニの鳴くところ ディーリア・オーエンズ

2020年3月9日 発売予定

探偵コナン・ドイル 【ポケットミステリ】 ハーパー ブラッドリー

2020年3月9日 発売予定

ゲットーの森 蜷川泰司

2020年3月26日 発売予定

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 千客万来編 みやぎシルバーネット/編 河出書房新社編集部/編

2020年3月16日 発売予定

ブラッド・ロンダリング 警視庁捜査一課 殺人犯捜査二係 吉川英梨

2020年3月19日 発売予定