• 本

街なか場末の大事件

チャレンジ江戸の古文書

出版社名 柏書房
出版年月 1999年9月
ISBNコード 978-4-7601-1799-4
4-7601-1799-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 142P 26cm

商品内容

要旨

本書は、まず中央区と江東区にまたがる深川・永代橋をとりあげます。永代橋は、街なかの要衝にあり、眺望にすぐれた美しい橋でした。ところが、地元八幡社の祭礼の日、その橋が突然崩れ落ち、多くの見物客を呑み込みました。日本橋梁史上最大の事故を、随筆に書かれた見聞記・後日譚・怪談・落首など、さまざまな角度から浮かび上がらせます。次に、幕末に起きた「新宿淀橋水車小屋爆発」について、日記と古文書から、事故の原因究明と被害の実態把握が進められていきます。

目次

第1話 永代橋崩落(永代橋初めて架かる
深川八幡祭の熱気
橋が落ちた)
第2話 新宿淀橋水車小屋爆発(やっぱり起こった爆発事故
驚天動地
よくも調べた被害明細)