• 本

100回いったでしょ!

講談社の翻訳絵本

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-283036-2
4-06-283036-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 〔36P〕 23cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 耳の痛い…読み手泣かせの物語です

    寝る前に読む絵本としては読み手に気合いのはいる一冊です。
    だって雰囲気読み(だいたいこんな内容だよね…)ができません。
    そして「100回いったでしょ!!」には胸が痛みます。
    …でも…でもですよ!!
    最後のページで○○してそれをおやすみの合図にしてはいかがでしょうか?

    (2009年10月26日)

商品内容

要旨

あれのことかな?これのことかな?「もう、100かいもいったでしょ!」ってママはいうけど、キフキフには、なんのことだかわかりません。

出版社
商品紹介

「何度いったらわかるの!100回いったでしょ」。親なら言ったことがあるはずのこのセリフ。でも、このナマケモノの子は負けない。

おすすめコメント

「何度いったらわかるの!100回いったでしょ」親なら子供に言ったことがあるはずのこのセリフ。でも、このナマケモノの子は負けません。「まだ9回だよ!」

出版社・メーカーコメント

「もう100回いったでしょ! もういっぺんいわせるの。」とママはいいますが、キフキフにはなんのことだかわかりません。「あれのことかな? これのことかな?」・訳者からのメッセージ・訳/神戸万知さんからのメッセージはじめてこの絵本を見たとき、ナマケモノが主人公のお話ってめずらしいなあ……と思いました。それから調べてみて、発見! ナマケモノ の生息地って、中央・南アメリカなんですね。そして、この絵本の文章を書いたケセルマンは南アメリカのアルゼンチン出身。納得!! でした。ほかにも、ナマケモノについていろいろ勉強

著者紹介

ケセルマン,ガブリエラ (ケセルマン,ガブリエラ)   Keselman,Gabriela
アルゼンチン生まれ。生後すぐにスペインに移住し、現在は、両国を行き来しながら生活している。雑誌編集者として活躍しながら、児童書のさまざまな分野で創作作品を発表。スペイン、アルゼンチンとメキシコでおよそ40冊の本を刊行している
ラヌッチ,クラウディア (ラヌッチ,クラウディア)   Ranucci,Claudia
ローマ生まれ。イラストとデザインを学んだ後、1997年からマドリードに移住。デザイナー、イラストレーター、絵本作家として活躍している
神戸 万知 (ゴウド マチ)  
翻訳家。ニューヨーク州立大学卒業。白百合女子大学大学院博士課程修了(児童文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)