• 本

スペインの墓標 五木寛之の恋愛小説

改訂新版

出版社名 実業之日本社
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-408-53539-5
4-408-53539-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 303P 20cm

商品内容

要旨

『スペインの墓標』―一流ラジオ局のプロデューサーが、その地位を捨て、スペインへと姿を消した理由は。『優しい狼たち』―暴走族ではなく、街道レーサーを自称するオートバイ・グループに不審な事故が頻発する。『フィクサーの視界』―見栄と欲得がうずまくスタジオで、代議士のイメージソング制作に携わる男たちの世界。『遙かなるカミニト』―旧友二人がブエノスアイレスで再会した。思いは、学園闘争吹き荒れた時分のタンゴ喫茶へ。『グラスの舟』―アムステルダムで会った青年は、内ゲバに巻き込まれた「わたし」の弟の最期について知っていたのか。『夜のシンバル』―意欲を喪失していた映画監督に舞い込んだCFの仕事。中国人モデルの父親に会見すると―。

出版社
商品紹介

1976年刊の作品が、著者の新たな加筆修正、32年目のあとがきを経て甦った。創業111周年記念復刻。

おすすめコメント

激情と反抗と狂気の’60〜70年代、その時を男たちはどう生きたか。そして女たちは?著者の新たなる加筆修正・あとがきも含め、1976年の初版刊行より32年ぶりに甦る、黄金期の海外ロマン傑作集。実業之日本社創業111周年を記念して復刊。

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年福岡県出身。早稲田大学露文科中退。66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞を受賞しデビュー。67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞76年『青春の門』で吉川英治文学賞受賞。仏教、歴史、美術、音楽、日本人論ほか多岐に渡る文明批評活動により、02年菊池寛賞を受賞。直木賞ほか各文学賞選考委員を務めるなど、日本を代表する小説家の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)