• 本

大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽

出版社名 実業之日本社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-408-61255-3
4-408-61255-3
税込価格 2,090円
頁数・縦 327P 21cm

商品内容

要旨

『ルパン三世』『カリオストロの城』『未来少年コナン』『ホルスの大冒険』―数々の名作の制作秘話から、宮崎駿・高畑勲両監督との交友まで、縦横無尽に語りおろした、ファン待望、初のロング・インタビュー。

目次

第1章 作画監督という仕事
第2章 「動かす」ということ
第3章 東映動画時代と『ホルスの大冒険』
第4章 Aプロからテレコムへ
第5章 ルパンとの長いつきあい
第6章 演出家それぞれ
第7章 アニメーション・スタジオの実際
終章 アニメーションのこれから

著者紹介

大塚 康生 (オオツカ ヤスオ)  
1931年、島根県出身。1956年、東映動画に入社し、日本初の本格カラー長編アニメーション『白蛇伝』でセカンド原画を担当。以後は原画として『わんぱく王子の大蛇退治』などを手がけ、『太陽の王子ホルスの大冒険』では初めて作画監督を務める。1968年、同社を退社しAプロダクションに移籍、主な作画監督作品は『ムーミン』『ルパン三世(旧)』『パンダコパンダ』『未来少年コナン』など。1978年、テレコム・アニメーションフィルムに移り、『ルパン三世 カリオストロの城』『じゃりン子チエ』の作画監督を務める。1991年以降、代々木アニメーション学院や、テレコム、スタジオジブリなどで後進の指導に当たっている
森 遊机 (モリ ユウキ)  
1960年、神奈川県出身。上智大学文学部英文科卒。映画研究者。映画以外にも、漫画、アニメーションなどの研究・執筆を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)